鉄道の旅情報

寝台特急北斗星 A寝台個室「ロイヤル」乗車記1

寝台特急北斗星 A寝台個室「ロイヤル」

2011年2月に、札幌から上野に向かう「寝台特急北斗星」の1人用A寝台個室「ロイヤル」に乗った時のレポートVol.1です。

旅の出発地、札幌駅のJRタワー。

寝台特急北斗星は、札幌発17時12分。

2月だったので、辺りはすでに薄暗くなり始めていました。

ディーゼル機関車に引かれて、寝台特急北斗星が入線して来ました。

旅の始まりは、何度体験してもワクワクする瞬間です。

今夜のお部屋はA寝台個室のロイヤルなので、9号車に乗り込みます。

客室に入るドア。

通路の右側が、個室になっています。

個室のドア。
A寝台個室の1番のお部屋でした。

個室のドアはカードキーで施錠できるので、便利で安心。

個室のカードキーはお土産で持って帰ることも出来て、いい思い出になりました。

寝台特急北斗星の1人用寝台個室で最も豪華だった「ロイヤル」です。

寛げるソファーもあり、ミニテーブル付き。

テレビも完備されていました。

ドライヤーも付いてます。

上部の扉を開けると、収納棚になっていました。

天井の明かりは蛍光灯なので、お部屋全体が白っぽい印象です。

トワイライトエクスプレスのロイヤルの「白熱灯」の方が、あたたかい色合いで好みでした。

照明や暖房や放送などのスイッチ類。

個室だと、自分の好きなように明かりを消したり出来るのも良かったです。

明かりを全て消すと、夜の車窓もよく見えました。

札幌駅を出発して、夕闇迫る雪景色の中を疾走して行きます。

寝台特急北斗星のA寝台個室ロイヤルは窓が大きいので、車窓もダイナミックに楽しめるのが特徴でした。

出発して少しすると、北斗星のA寝台個室「ロイヤル」にはウェルカムドリンクのサービスもありました。

内容も、トワイライトエクスプレスより種類豊富で豪華な印象です。

嬉しいオリジナルのコースター付き。

もちろんお土産に持って帰りました。

ロイヤルにはシャワーも完備されていました。

予約が必要な共用のシャワーと違い、いつでも好きな時に浴びられて良かったです。

シャワーの使用時間は10分間。

こまめに止めながら浴びれば、夜と朝の2回使えました。

A寝台個室のロイヤルには、北斗星オリジナルのアメニティも付いていました。

シャワールームの照明と鏡。

収納式の洗面台。

洗面台の下には、収納式のトイレもありました。

昼間はソファー、夜はベッドに早変わりします。

ベッドも開放式B寝台よりは広々としています。

寝台特急北斗星 寝台個室の種類について

2人用A寝台個室の「ツインデラックス」です。

寛げるソファーとテーブル付き。

上下の2段ベッド構造でした。

1人用B寝台個室の「ソロ」2階です。

2階と1階があり、2階が特に人気でした。

1人用の個室にも関わらず、仕切りがカーテン1枚の開放式B寝台と値段が同じだったので、「ソロ」は特に人気が高い寝台個室でした。

1人用B寝台個室の「ソロ」1階です。

1階のソロは、2階よりも天井が高いという特徴もありました。

2人用B寝台個室「デュエット」

1階と2階があり、写真は1階の個室です。

通路には収納式の補助イスがあり、座って車窓を眺めたりも出来ました。

苫小牧に着きました。

この辺で、夕食にすることにしました。

札幌のデパ地下で買っておいた長万部名物の「かなやのかにめし」です。

北海道の地酒「千歳鶴」と合わせました。

味のしみた「かにめし」との相性も最高で、ロイヤル個室で流れる夜景を眺めながら幸せなひと時が過ごせました。

デザートは車内販売の北海道アイス。

列車で食べるアイスは、ホントおいしいですね(笑)

東室蘭。

食後はロビーカーに行ってみました。

寝台特急北斗星には「ロビーカー」も連結されていました。

自由に使える共用スペースで、お弁当を食べたり、思い思いに寛ぐことが出来ました。

ロビーカーでは、車窓さんによるグッズ販売の時間もありました。

目玉商品の懐中時計。

結構高かったような気がしますが、今思えば買っておけば良かったかも(笑)

乗車証明書のオレンジカードを買いました。

乗車記2につづく。

寝台特急北斗星 1人用A寝台個室「ロイヤル」 まとめ

寝台特急北斗星は上野と札幌を結ぶ列車で、青函トンネルの完成と共に走り始めました。

それまでの寝台特急よりも個室を増やし、食堂車やロビーカーも連結した豪華な編成で、個室は常に人気が高かったです。

中でも1人用寝台個室「ロイヤル」は高い人気で、列車が廃止になるまで人気は衰えませんでした。

続きの乗車記2はこちら
https://gourmetlog.com/hokutosei-royal2

ABOUT ME
しんいち
東京と群馬でデュアルライフを送る「旅する美食家」。 好きなジャンルは和食、居酒屋、焼き鳥、ラウンジ、バー。 好きなお酒はビール、日本酒、ウィスキー。 鉄道と飛行機の旅が好き。