栃木県グルメ情報

ザ・リッツ・カールトン日光「レークハウス」でランチ

ザ・リッツ・カールトン日光「レークハウス」の外観

ザ・リッツ・カールトン日光でランチにおすすめ「レークハウス」の外観です。

2020年12月に行って来ました。

中禅寺湖側から見たレークハウスの外観です。

ザ・リッツ・カールトン日光のエントランスは、建物の向こう、奥側になります。

ザ・リッツ・カールトン日光の詳細及び予約はコチラ

ザ・リッツ・カールトン日光「レークハウス」の店内の様子


ザ・リッツ・カールトン日光のレークハウスの店内1階の様子です。

ホテル棟の和の雰囲気とは、全く違うデザインでした。

12月だったので、クリスマスツリーも飾ってありました。

ザ・リッツ・カールトン日光の詳細及び予約はコチラ


1階の入り口近くでは、テイクアウト用のパンも売ってました。

「ザ・リッツ・カールトン」の焼印入りホワイトブレッド。

クロワッサンワッフルのフランボワーズ味。

こちらはクロワッサンワッフルの抹茶味です。

ザ・リッツ・カールトン日光の詳細及び予約はコチラ

ザ・リッツ・カールトン日光の「レークハウス」2階の入り口です。


ザ・リッツ・カールトン日光の「レークハウス」の2階の様子です。

窓が大きく日の光もたくさん入って来て、とっても明るい雰囲気のお店でした。


2階の店内奥から入り口方向を見たところ。

壁側は4人がけのソファー席、窓側は2人がけのイス席でした。

ザ・リッツ・カールトン日光の「レークハウス」には、テラス席もあります。

男体山の雄大な景色も楽しめそうですね。

テラス席からは、中禅寺湖もよく見えました。


ホテル棟と中庭もよく見えました。

窓際席に通していただきました。

木立と中禅寺湖がよく見えて、落ち着きますね〜。

ザ・リッツ・カールトン日光の詳細及び予約はコチラ

ザ・リッツ・カールトン日光の「レークハウス」のランチメニュー

ザ・リッツ・カールトン日光の「レークハウス」のランチメニュー(2020年12月)

今回はこの「ランチセット」にしてみました。

単品のアラカルトメニューもありました。

まずはじめに運ばれて来たのがこちら。

これ、何だと思いますか?

袋の中を開けると・・・

中にはパンが入ってるんですね〜。

ほかほかあたたかなパンでおいしかったし、おもしろい演出でした。

前菜の「栃木県産野菜のサラダ」
生ハム、もち麦、ケール、赤玉葱ヴィネグレット

さっぱりした感じだったと思います。

トマトの酸味がしっかりきいたショートパスタで、もちもちした食感も含めておいしかったです。

パンは種類が違うものが2枚入ってました。

メインの「カサレッチェのアマトリチャーナ イベリコチョリソークランブル」

文字だけだとどんな料理だか全くイメージ出来ず(笑)
スタッフさんに聞いちゃいました^^

トマトの酸味がしっかりきいたショートパスタで、食感もモチモチしておいしかったです。

リッツカールトン日光の詳細及び予約はコチラ

食後は紅茶をいただきました。

デザートの「ヴィーガンティラミス、ピスタチオ、ココナッツアイスクリーム」

ティラミスはほとんど甘さは感じられず、大人のスイーツでした。

ザ・リッツ・カールトン日光の「レークハウス」は、チェックイン前やアウト後のランチにも良さそうなお店ですね^^

リッツカールトン日光の詳細及び予約はコチラ

ザ・リッツ・カールトン日光
「レークハウス」のランチ
まとめ

ザ・リッツ・カールトン日光の「レークハウス」のランチは、おいしいのはもちろん、とてもゆったりと豊かな時間が楽しめて大満足でした!

リッツカールトン日光の詳細及び予約はコチラ

ザ・リッツ・カールトン日光
アクセス

リッツカールトン日光の詳細及び予約はコチラ

ABOUT ME
しんいち
ラグジュアリーな大人の旅とグルメを、写真で紹介します。 ■人生で1度は行きたいホテルやレストランの発信 ■非日常のラグジュアリーな空間をお届け ■普段は、テレビもラジオもない田舎暮らし 東京と関東圏のラグジュアリーホテルやレストランの記事が中心で、「写真の枚数が多い」のが特徴のブログです。