栃木県グルメ情報

那須 ショウゾウカフェ「SHOZO CAFE」体験レポート

那須 ショウゾウカフェ「SHOZO CAFE」の外観

栃木県那須にあるショウゾウカフェ「SHOZO CAFE」

那須街道沿いにあるので、場所は分かりやすいです。

超有名店なので、遠方からもたくさんのカフェ好きが詰めかけます。

シーズン中の土日祝は特に混み合うので、平日に行くことをお勧めします。

那須にあるショウゾウカフェ「SHOZO CAFE」のお店前のサイン。

テラス席もあります。

天気が良い時は、外のテラス席も気持ち良さそうです。

那須 ショウゾウカフェ「SHOZO CAFE」店内の様子

那須のショウゾウカフェ「SHOZO CAFE」に入ったところ。

右下の冷蔵ケースにはケーキが入ってるので、実際に見て選ぶことも出来ます。

お土産用に買って帰れるスコーンなどが売ってます。

シンプルなおいしさで、私も思わず買ってしまいました。

コーヒー豆やジャムも買えます。

那須のショウゾウカフェ「SHOZO CAFE」のオリジナルグッズ。

一番左のマグカップを買いました。

自宅でもSHOZO CAFE気分が楽しめておすすめです。

お店に入って左に行くと、ひとつだけ個室があります。

二人だけの空間といった感じで、いいですね。

お店に入って右側手前の席。

お店に入って右窓際の席。

お店に入って右窓際のコーナー席。

お店に入って右側奥の方の席。

お店に入って右側奥の方の席。

雑誌棚の奥に、こんな感じで席があります。

今回はこちらの席に座ることが出来ました。

適度に囲まれた空間なので、半個室みたいな感じで落ち着きます。

ついつい長居してしまう居心地の良さですね〜。

座った席から目にとまったオブジェ。

座った席からお店入り口を見るとこんな感じ。

お店に入って右側の一番奥の席。

お店に入って右奥の壁側席。

お店に入って右奥の壁側席。

お店に入って右側、テラス席との間のエリアです。

お店に入って右側、テラス席との間のエリアです。

お店に入って右側、テラス席との間のエリアです。

お店に入って右側、テラス席との間のエリアです。

お店に入って右側、テラス席との間のエリアの一番奥の席です。

お店に入って右側、テラス席との間のエリアです。

窓からはテラス席が見えます。

お店に入って右側、テラス席との間のエリアです。

窓からはテラス席が見えます。

那須 ショウゾウカフェ「SHOZO CAFE」メニュー

那須のショウゾウカフェ「SHOZO CAFE」は、スコーンが看板商品で特に人気があります。

スコーン1つと好きなケーキが選べる「ケーキシエスタ」

チーズケーキにしました。

濃厚でとてもおいしかったので、大正解^^

ケーキシエスタは単品なので、ドリンクはついてません。

スコーンセット。

スコーンが2つと、好きなドリンクが選べます。

スコーンはボリュームもたっぷり。

しっとりとした歯触りで、甘すぎずシンプルで、飽きのこない味でおいしかったです。

SHOZO CAFEオリジナルの「森のブレンド G2」

深煎りで濃くて、とってもおいしいコーヒーでした!

ウィンナーコーヒー。

ワイングラスで出てくるのは珍しいですね。

水出しコーヒー。

これも深入りで濃くておいしかったです。

平日に行ったので混雑もそれほどではなく、ゆっくり過ごすことが出来ました。

那須 ショウゾウカフェ「SHOZO CAFE」まとめ

とにかく落ち着く、店内の素敵な雰囲気が特徴のカフェです。

コーヒーは、深煎りが好きな方に特にオススメ!

スコーンは是非とも味わいたい逸品です。

店内の雰囲気がとにかく素晴らしいので、存分に味わうためにも混雑時間を避けて行くのがポイントです。

平日や、土日なら午前中が狙い目だと思います。

那須 ショウゾウカフェ「SHOZO CAFE」お店情報

店名NASU SHOZO CAFE
住所栃木県那須郡那須町高久乙2730-25
電話番号0287-78-3593
定休日不定休
営業時間

10:00~17:30(L.O17:00)
(テイクアウトは18:00まで)

禁煙・喫煙禁煙
公式ページhttp://www.shozo.co.jp/news/categories/nasu/
食べログhttps://tabelog.com/tochigi/A0905/A090501/9000098/

 

那須 ショウゾウカフェ「SHOZO CAFE」アクセス

ABOUT ME
しんいち
旅するように暮らし、ラグジュアリーな旅とグルメを楽しみながら、写真を撮って紹介するのがライフワーク。 旅とグルメのフォトグラファー。 東京を中心とした関東圏のラグジュアリーホテルやレストランの写真ブログで、「写真の枚数が豊富」なのが特徴。