栃木県グルメ情報

ザ・リッツ・カールトン日光で優雅にアフタヌーンティー 徹底解説!

リッツカールトン日光の外観

2020年7月15日に開業したリッツカールトン日光のアフタヌーンティーに、さっそく行って来ました。

リッツカールトン日光は、中禅寺湖の畔の高台に建っています。

近くには男体山と中禅寺湖の雄大な景色が広がっており、ロケーションも抜群です。

リッツカールトン日光の中禅寺湖側の入り口。

ホテルのメインの入り口は、中禅寺湖の反対側になります。

正面に見えてるのはレストランです。

中禅寺湖の反対側にある、メインの入り口。

駐車場エリアから見たリッツカールトン日光の建物です。

正面に見えてるのがメインの入り口です。

車はバレーサービスで、スタッフさんが駐車場に停めてくれます。

駐車料金は、宿泊者は1泊3000円。
ゲスト利用は1時間1000円。20000円以上の利用で3時間無料サービス。



リッツカールトン日光の詳細及び予約はコチラ

リッツカールトン日光のロビー、ラウンジの様子

リッツカールトン日光の入り口を入って、右手にある待合スペースです。

入ってすぐに、リッツらしい上質な世界観が伝わって来ると思います。

日光という場所柄なのか、和のイメージで統一されている感じがしました。

リッツカールトン日光のロビーラウンジです。

リッツカールトン日光の詳細及び予約はコチラ

1階にあるので、大きな窓からお庭の景色が見えるのも良かったです。

天井も高くて開放的で気持ち良かったです。



窓際のソファー席もあります。

お庭も見えて、とても気持ちの良い席でした。

リッツカールトン日光の詳細及び予約はコチラ

外のテラス席もあります。

天気がいいと、特に気持ちよさそうですね。


テラス席の正面の眺め。

左手には宿泊棟が見えています。

テラス席の正面には芝生の緑も見えて、とても気持ちのいい眺めが楽しめます。

ラウンジのライブラリーコーナー。

暖炉のように、揺らめく炎を眺めながら寛ぐことも出来ます。

リッツカールトン日光の詳細及び予約はコチラ

リッツカールトン日光
アフタヌーンティーのメニュー

ウェルカムドリンクの冷たい緑茶。

目の覚めるようなおいしい緑茶でした。

アフタヌーンティーセットは、伝統的な三段プレートで提供されます。

上段(2人分)

中段。

下段。

スコーンは2種。

スコーンの箱はリッツカールトン日光の文字入り。

リッツカールトン日光の詳細及び予約はコチラ

アフタヌーンティーのドリンクは「日本茶のみ」で、6種類の茶葉から選べます。

お湯を足すことで3煎まで(3杯まで)楽しむことが出来ます。

6種類の茶葉の説明。

ラウンジの専用コーナーで、お茶をいれてくれます。

ほうじ茶にしてみました。

スコーン2種。



リッツカールトン日光の詳細及び予約はコチラ

ローストビーフが特においしかったです。




クレームブリュレ。

表面もカリカリで香ばしくおいしかったです。

マンゴーのタルト。

抹茶のケーキ。

栃木名産のいちご「とちおとめ」

とってもおいしくて、ゆっくりと豊かな時間が過ごせて大満足。

帰りも車はバレーサービスで持って来ていただけるので、入り口近くのスペースでしばしゆっくり。

リッツカールトン日光
アフタヌーンティー
まとめ

日本茶でいただくアフタヌーンティーというのが、一番の特徴だと思います。

日光という場所柄なのか、ホテル全体の雰囲気も「和」な感じで統一されているように感じました。

リッツらしいラグジュアリーな雰囲気の中で、ゆったりとした豊かなひと時を過ごすことが出来ると思います。

リッツカールトン日光の詳細及び予約はコチラ

リッツカールトン日光
アクセス

リッツカールトン日光の詳細及び予約はコチラ

ABOUT ME
しんいち
ラグジュアリーな大人の旅とグルメを、写真で紹介します。 ■人生で1度は行きたいホテルやレストランの発信 ■非日常のラグジュアリーな空間をお届け ■普段は、テレビもラジオもない田舎暮らし 東京と関東圏のラグジュアリーホテルやレストランの記事が中心で、「写真の枚数が多い」のが特徴のブログです。