ホテル情報

ザ・リッツ・カールトン東京 年越し宿泊記1 お部屋編 デラックス キング

リッツで年越し! ザ・リッツ・カールトン東京 デラック スキングのお部屋

ザ・リッツ・カールトン東京に2021年12月の大晦日に泊まってきた宿泊記1です。

ザ・リッツ・カールトン東京の外観。

上層階がホテルになっています。

六本木駅方面のエントランス。

お正月飾りがありました。

明るい色使いで、和洋折衷といった感じ。

入り口入ってすぐのところに「2022年」のオーナメントが。


ザ・リッツ・カールトン東京の、車寄せ側のエントランス。

こちらにもお正月飾りがありました。


ザ・リッツ・カールトン東京のエントランスを入ったところにあるお花。

ザ・リッツ・カールトン東京の45階に上がってきました。

45階ラウンジのお花。

ザ・リッツ・カールトン東京のロビー。

水が流れていて、流れる水の音も心地よいです。

チェックインを終えて、ザ・リッツ・カールトン東京のお部屋に来ました。

今回のお部屋は、51階の富士山側の5120号室でした。

デラックスタイプ、キングベッド1台のお部屋。

デラックスタイプのキングベッドのお部屋です。

大晦日ということで、ツインは満室だったようです。

もともとキングベッドひとつが希望だったので、良かったです。


高層階にあるホテルなので、眺めがいいですね。


ザ・リッツ・カールトン東京は、デスクも広くて使いやすいです。

デスク脇にコンセントもしっかり完備。

デスクから外を眺めると、こんな感じ。

ザ・リッツ・カールトン東京のお部屋には、ひとり一つずつクローゼットがあります。

もちろん、ハンガーもたっぷり。

ここでサプライズが!

ザ・リッツ・カールトンらしいサプライズギフトで、嬉しくなりました!

チョコレートのサプライズギフトが、窓際のテーブルに置かれていました!

チョコケーキではなく、純粋にチョコレートでした。

結構なボリュームです(笑)

紙袋も用意されていたので、ありがたく「お持ち帰り」して、いただきました。

入り口近くのお茶やコーヒーなど。

ザ・リッツ・カールトン東京のティーカップや、コーヒーマシーン、電気ポット。

ザ・リッツ・カールトン東京のティーカップは、ウェッジウッドでした。

シンプルで素敵なデザインです。

ヨックモックのお菓子もありました。

ザ・リッツ・カールトン東京のコーヒーカプセルは3種類。

ザ・リッツ・カールトン東京のお茶のティーバッグは、ルピシアでした。

有料のつまみやスナック。

左上の瓶は、ザ・リッツ・カールトン東京のオリジナル「ボクテル」

ザ・リッツ・カールトン東京のバスルーム。

シンクと鏡は、独立タイプで2つあります。

ガラス扉の左がシャワー、右がトイレです。

使い勝手から考えると、左がトイレで右がシャワーの方が、バスタブと行き来がしやすいような気がしました。


アメニティはアスプレイ。

ザ・リッツ・カールトン日光も、同じアスプレイでした。

シャワー。

トイレ。

ザ・リッツ・カールトン東京は、バスローブも着心地が良かったです。

ザ・リッツ・カールトン東京 について

住所 東京都港区赤坂9-7-1
電話番号 03-3423-8000
公式サイト https://www.ritzcarlton.com/jp/hotels/japan/tokyo

ザ・リッツ・カールトン東京のアクセス

ABOUT ME
しんいち
ラグジュアリーな大人の旅とグルメを、写真で紹介します。 ■人生で1度は行きたいホテルやレストランの発信 ■非日常のラグジュアリーな空間をお届け ■普段は、テレビもラジオもない田舎暮らし 東京と関東圏のラグジュアリーホテルやレストランの記事が中心で、「写真の枚数が多い」のが特徴のブログです。