ホテル情報

帝国ホテル東京 宿泊記1 日比谷公園側の本館デラックス

帝国ホテル東京 外観

2019年12月に泊まった時の宿泊記1です。

日比谷公園側「本館デラックス」のお部屋のご紹介です。

ホテルの建物はJR山手線の車窓からも見えますね。

有楽町駅と新橋駅の間にあり、有楽町駅からの方が近いです。

帝国ホテル東京 ロビーの様子

12月に行ったので、ロビーのお花は真紅のバラでとても華やかでした。

お花の前は記念撮影のスポットで大人気。

大きなクリスマスツリーもありました。

帝国ホテル東京「130周年」のオーナメント。

帝国ホテルの会員は、左側の専用カウンターでチェックインできます。

帝国ホテル東京 お部屋の様子

今回のお部屋は「本館デラックス」1111号室。

お部屋の位置は、右側の「赤丸印」のところです。

本館建物は十字構造になっており、右下方向に向いてるお部屋から日比谷公園が望めます。

眺めに希望がある場合は、予約の際に「日比谷公園側のお部屋」をリクエストしておくといいと思います。

本館デラックス1111号室のお部屋の様子。

ベッドはキングサイズひとつです。

もちろん、ツインベッドのお部屋もあります。

帝国ホテルの中では、ちょっと広めの標準タイプのお部屋です。

デスクも完備。

日比谷公園を眺めながらのデスク仕事もいいですね。

ベストセラー作家のような「ホテルに缶詰め」も憧れます(笑)

目の前が日比谷公園なので、東京のホテルなのに目の前の景色がひらけているのは、とても開放的で気持ち良かったです。

ソファも座り心地がよく、とても寛げました。

洗面所のシンクはひとつタイプ。

バスローブもあって嬉しかったです。

お風呂とトイレはセパレートタイプで良かったです。

お風呂場は洗い場付きで広々快適。

スイッチひとつで浴槽のお湯が満タンになる機能があり、地味に便利だと思いました。

お部屋のミニバー。

もちろん別料金なので、怖くて飲んだことがありません(笑)

帝国ホテル東京 日比谷公園側「本館デラックス」のお部屋 まとめ

今回泊まった1111号室は「本館デラックス」のキングサイズベッドひとつのお部屋でした。

帝国ホテルの中ではちょっと広めの標準的なお部屋です。

広さも十分で、日比谷公園が見えて眺めもよく、とても寛げるお部屋で良かったです。

宿泊記2 フランス料理「ラ ブラスリー」でディナー
https://gourmetlog.com/labrasserie

宿泊記3 ルームサービスの朝食
https://gourmetlog.com/imperial-breakfast

帝国ホテル東京 アクセス

東京メトロ有楽町駅・日比谷駅徒歩1分
JR有楽町駅徒歩4分

ABOUT ME
しんいち
東京と群馬でデュアルライフを送る「旅する美食家」。 好きなジャンルは和食、居酒屋、焼き鳥、ラウンジ、バー。 好きなお酒はビール、日本酒、ウィスキー。 鉄道と飛行機の旅が好き。