会員制ラウンジ情報

JAL国内線ファーストクラス&羽田ダイヤモンドプレミアラウンジ体験記

JAL国内線ファーストクラス専用 羽田ダイヤモンドプレミアラウンジ 外観

JAL国内線ファーストクラス利用時には出発前に「ダイヤモンドプレミアラウンジ」が使えます。

サクララウンジよりもさらに上級のラウンジになります。

場所は、羽田空港国内線の第1ターミナルにあります。

JAL国内線のファーストクラスに乗る乗客か、上級会員のみが入れる特別なラウンジです。

ラウンジに上がる階段も高級感がありますね。

受付カウンターも高級感があります。

ダイヤモンドプレミアラウンジは、サクララウンジよりもワンランク上級のラウンジになります。

羽田ダイヤモンドプレミアラウンジ内の様子

中は意外と広いです。

それでも夕方以降は結構混み合って来ました。

限られた人しか入れないラウンジのはずなんですが、いかにも経費で乗ってそうなスーツ姿のビジネスマンがたくさん利用していました。

ひとり静かにくつろげるようなスペースも用意されています。

ダイヤモンドプレミアラウンジにはシャワーもあります。

シャワーは混むと順番待ちになるので、受付時に予約を取ってしまうのが一番スムーズだと思います。

シャワーを浴びてサッパリしたら、お待ちかねの生ビールです!

ブランドもプレミアムモルツなど3種あり、サクララウンジのビールと差別化がはかられています。

スイッチ押すだけで注がれる生ビールは、何度味わってもワクワクしますね!

素晴らしい旅立ちに乾杯!

ウィスキーも山崎の12年モノが置いてありました。

機内でもお酒が出るので、飲み過ぎ注意です(笑)

パンはメゾンカイザーで、たしか夕方の決まった時間に提供されたように思います。

コーヒーも、認証農園産のこだわりのものが味わえます。

機内でも食事が出るので、パンも少しだけ楽しみました。

そろそろ搭乗。

ラウンジから飛行機も見えるのでワクワクしますね。

この日は羽田から福岡に向かう便でした。

国内線ファーストクラスは、羽田〜新千歳・大阪・福岡・沖縄便の一部に設定されています。

この日乗った座席の配列は2-2-2でした。

ブランケットもファーストクラス専用。

飛行機に乗ると、なぜかシャンパンが飲みたくなります(笑)

国内線なのにシャンパンが楽しめるのはいいですね。

プラカップではなく、ちゃんとシャンパングラスだったのもとても良かったです。

夕食です。

ちゃんと食器で提供されるのも嬉しいですね。

盛り付けもキレイで、お料理の見た目も含めて楽しめました。

お料理は有名店が月替りで担当するようです。

この時は老舗の料亭のお料理でした。

お酒にもよく合っておいしかったです。

せっかくなので日本酒も。

有名な焼酎の「森伊蔵」もあったので試してみました。

完全に飲み過ぎです(笑)

JAL国内線ファーストクラス 羽田ダイヤモンドプレミアラウンジ まとめ

「いつかはファーストクラス」と憧れる方は多いと思います。

しかし国際線のファーストクラスは料金も高くてなかなか敷居が高いですよね。

そんな時に、JALの国内線ファーストクラスをまず体験するのはおすすめだと思います。

出発前の空港ラウンジから優雅な気分が味わえますし、料金も国際線に比べれば気軽に試せる金額です。

路線は羽田〜新千歳・大阪・福岡・沖縄便の一部に設定があります。
できれば長距離路線の方が、ゆっくり楽しめておすすめです。

JAL国内線ファーストクラス公式ページ
https://www.jal.co.jp/dom/service/f/

ABOUT ME
しんいち
東京と群馬でデュアルライフを送る「旅する美食家」。 好きなジャンルは和食、居酒屋、焼き鳥、ラウンジ、バー。 好きなお酒はビール、日本酒、ウィスキー。 鉄道と飛行機の旅が好き。