東京神楽坂グルメ情報

東京神楽坂の中華ENGINE(エンジン)ランチ体験記

ENGINE(エンジン)お店の外観

神楽坂の路地裏のかなり奥にあるので、場所はかなり分かりにくいと思います。

お店を探しながら路地裏の石畳を歩く体験も、また楽しいですよ。

お店の看板も洒落ていますね。

パッと見は、とても中華のお店とは思えません。

店内も洒落ていて、いわゆる一般的な中華料理店の雰囲気とは違います。

モダンチャイニーズという感じでしょうか。

ENGINE(エンジン)お料理

ランチは2000円と3500円(税込)のコースがあります。

3500円の方が、2品多いそうです。

せっかくなので3500円のコースにしました。

まずは前菜。

濃厚なお味でおいしかったです。

あん肝の茶碗蒸し。

表面を青葉が覆っています。

濃厚なあん肝と青葉のさっぱり感がよく合う一品でした。

牡蠣の炒め物。

生姜の香りがしてとっても美味しかったです。

看板メニューのひとつ、黒酢の酢豚です。

豚肉のジューシーさと黒酢の深い味わいが楽しめる素晴らしい一品でした。

黒酢の酢豚についてくるおこげです。

黒酢をたっぷり絡めて、おいしくいただきました。

最後の一品は坦々麺か炒飯のどちらか選べました。

坦々麺はスープも濃厚でとってもおいしかったです。

こちらが炒飯です。

ジャコも入っていて、わりとあっさり目の炒飯でした。

デザートの杏仁豆腐。

甘さも控えめな感じで、さっぱりといただけました。

ENGINE(エンジン)まとめ

いわゆる普通の中華とは違う、独特の世界観が感じられるお料理の数々でした。

オーナーシェフの方は、有名店での料理長経験もあるそうです。

オーナーシェフの方にお話を聞いたところ「普通の料理ではなく、どこにもないものを提供したかった」と言ってたのがとても印象的でした。

いつもの中華ではなく、一風変わった中華が食べたい時はおすすめだと思います。

人気店なので予約は必須。

2〜4人くらいで行くのに向いてるお店だと思いました。

カウンター席にはひとりで食べてるお客さんもいました。

女子会にもいいと思います。

ENGINE(エンジン)お店情報

店名ENGINE(エンジン)
住所東京都新宿区神楽坂5-43-2 ROJI神楽坂 1F
電話番号03-6265-0336
定休日日・祝・第3月曜
営業時間

11:30〜15:00
18:00〜23:00

予約可否

予約可
(人気店なので予約がおすすめ)

禁煙・喫煙禁煙
公式サイト 
食べログhttps://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13178164/

ENGINE(エンジン)アクセス

都営大江戸線「牛込神楽坂駅」A3出口より徒歩5分
東京メトロ東西線「神楽坂駅」1番出口より徒歩6分
東京メトロ東西線・南北線・有楽町線「飯田橋駅」B3出口より徒歩6分
JR「飯田橋駅」東口より徒歩7分

ABOUT ME
しんいち
東京と群馬でデュアルライフを送る「旅する美食家」。 好きなジャンルは和食、居酒屋、焼き鳥、ラウンジ、バー。 好きなお酒はビール、日本酒、ウィスキー。 鉄道と飛行機の旅が好き。