会員制ラウンジ情報

ANA国内線プレミアムクラス&羽田ラウンジ体験記

ANA羽田 国内線ラウンジ 外観

ANAプレミアムクラスに搭乗する場合は、空港のANAラウンジを利用できます。

羽田の場合、場所は国内線第2ターミナルにあります。

ANAやスターアライアンスの上級会員も利用できるラウンジです。

保安検査も専用レーンで行列することもなく、ラウンジに行く前にスムーズに受けられるようになっています。

ANA羽田 国内線ラウンジ内の様子

落ち着いた雰囲気で、間接照明がやわらかな感じでいいですね。

空港ラウンジ名物、生ビールサーバー(笑)

何度味わってもワクワクします。

スイッチを押すとウィーンとグラスが傾き・・・

全自動で泡までおいしく注いでくれるのが嬉しいですね。

自宅にあったら最高でしょうね(笑)

ウィスキーもありました。

健康のためか、なぜか青汁も(笑)

おつまみのあられもありました。

旅立ちのワクワクも手伝って、空港ラウンジで飲む生ビールの味は最高ですね〜。

ラウンジからは飛行機も見えていいですね。

そろそろ搭乗です。

乗る前にラウンジでゆっくりできるのはいいですね。

プレミアムクラスに乗る時は、足元が広い最前列を取ることが多いです。

シートはリクライニングするとこんな感じ。

プレミアムクラスは、お酒も含めて飲み放題。

まずはスパークリングワインでシュワシュワ。

食事も出ます。

この時は午後の便だったので軽食ですが、食事時の便ではちゃんとお食事が出てきます。

サンドイッチやサラダ、焼き菓子でした。

窓からの景色を楽しみながらの食事は、非日常感も手伝っておいしく感じますね。

赤ワインもいただきました。

ANA国内線プレミアムクラス&羽田国内線ラウンジ まとめ

ANAプレミアムクラスは、JALファーストクラスより気軽に楽しめるのが特徴だと思います。

料金もJALよりお手頃ですし、設定している便数も格段に多いです。

しかし「特別感」「思い出に残る」という点では、JALファーストクラスに軍配が上がるかな〜と感じました。

ANAとJALではサービスの感じも違うので、乗り比べるのも楽しいですよ。

ANA国内線プレミアムクラス公式サイトhttps://www.ana.co.jp/ja/jp/serviceinfo/domestic/inflight/guide/premiumclass/ground/

ABOUT ME
しんいち
東京と群馬でデュアルライフを送る「旅する美食家」。 好きなジャンルは和食、居酒屋、焼き鳥、ラウンジ、バー。 好きなお酒はビール、日本酒、ウィスキー。 鉄道と飛行機の旅が好き。