東京日本橋グルメ情報

日本橋、人形町、茅場町ランチ 老舗「うなぎ喜代川」のうな重

日本橋、人形町、茅場町ランチ 「うなぎ喜代川」 お店の外観

日本橋の路地裏にひっそりとたたずむ老舗「うなぎ喜代川」

創業は1874年(明治7年)なので、すごい老舗ですね。

最寄駅は東西線の茅場町駅。

今の数寄屋造りの建物は1927年(昭和2年)に建てられたもので、2018年に登録有形文化財として登録されたそうです。

五代目のご主人と女将さん。

老舗らしい職人肌のご主人と、キャラ濃いめの女将さんの名コンビです(笑)

日本橋、人形町、茅場町ランチ 「うなぎ喜代川」 店内の様子

2階の座敷にあがる玄関先にある石灯籠。

2階は座敷になっています。

落ち着いた雰囲気で食事が楽しめそうですね。

老舗らしい「和」の雰囲気で落ち着きます。

日本橋、人形町、茅場町ランチ 「うなぎ喜代川」お料理

まずは冷酒から。

日本酒は数種あり、季節限定のお酒もありました。

お酒が飲めない方には、世にも珍しい「うなぎコーラ」もあります。

うなぎエキス入りだそうです。

普通に飲みやすくておいしいコーラです。

うなぎエキスの味は・・・分かりませんでした(笑)

うなぎはじっくり蒸してから備長炭で一枚一枚丁寧に焼き上げる関東風なので、待ち時間が結構あります。

うなぎが焼き上がるまで、お酒飲みながら骨せんべいをポリポリやって待つのもいいですね。

来ました〜!

いつ見ても幸せな「絵」です(笑)

キリッと冷えた日本酒と、脂がのったうなぎの相性は最高ですね!

肝吸いは追加注文になります。

食感はとってもふっくら、口の中でとろけるような味わいです。

タレは濃いめでしっかりとした印象で、ご飯にもよくしみておいしいです。

うなぎって、どうしてこんなにおいしいんでしょうか^^

代々続く老舗のうなぎ屋さんで、ご主人は現在で五代目。

ご主人の似顔絵シールをいただきました。

かなりよく似てます(笑)

日本橋、人形町、茅場町ランチ 「うなぎ喜代川」 まとめ

「うなぎ」「老舗」このキーワードが好きな方には特におすすめです。

うなぎは蒸してから焼く関東風。

タレもしっかり濃いめでおいしいです。

東京駅から行く場合、大手町駅から東西線に乗って茅場町駅まで行くか
距離も近いのでタクシーも便利だと思います。

しかし2020年4月現在は、コロナ感染防止のために営業を自粛しています。

かわりに「お食事券」を買うことで、おいしい老舗の味を未来に残すことが出来ます。
ぜひ応援よろしくお願いいたします!
https://peraichi.com/landing_pages/view/qq7u8

日本橋、人形町、茅場町ランチ 「うなぎ喜代川」 お店情報

店名うなぎ喜代川
住所東京都中央区日本橋小網町10-5
電話番号03-3666-3197
定休日日・祝祭日
営業時間

11:00~14:00
17:00~20:00(L.O.)
ランチタイムもお席のご予約が可能です

禁煙・喫煙禁煙
公式サイトhttps://www.unagi-kiyokawa.com
食べログhttps://tabelog.com/tokyo/A1302/A130203/13003046/

日本橋、人形町、茅場町ランチ 「うなぎ喜代川」 アクセス

地下鉄東西線茅場町駅 徒歩5分
地下鉄日比谷線人形町駅 徒歩5分
地下鉄半蔵門線水天宮前駅 徒歩6分
地下鉄銀座線日本橋駅 徒歩10分

ABOUT ME
しんいち
東京と群馬でデュアルライフを送る「旅する美食家」。 好きなジャンルは和食、居酒屋、焼き鳥、ラウンジ、バー。 好きなお酒はビール、日本酒、ウィスキー。 鉄道と飛行機の旅が好き。