東京恵比寿グルメ情報

東京恵比寿の焼き鳥 「中目黒いぐち」体験レポ

恵比寿の焼き鳥 「中目黒いぐち」 店内の様子

カウンター席の様子。

とても上質で、お寿司屋さんのような高級感のある雰囲気でした。

恵比寿の焼き鳥 「中目黒いぐち」メニュー

飲み物のメニュー。

生ビールがプレミアムモルツで良かったです。

八海山の地ビールが置いてあるのは珍しいですね。

2020年6月のコースメニュー。

基本的にコース料理のみのようでした。

恵比寿の焼き鳥 「中目黒いぐち」お料理

まずはプレミアムモルツの生ビール。

幸せな一杯で、なんだか輝いて見えます^^

まずはフランス産フォアグラのコロッケ。

衣はサクサク、中は濃厚でおいしいですね〜。

こってりしてるので、生ビールにもとってもよく合いました。

さっそく冷酒にスイッチ。

新政のNo.6
香りがよく、とても飲みやすくておいしかったです。

季節の茶碗蒸し。

見た目もキレイでいいですね。

手作りのレバーパテと自家製パン。

こってり濃厚で、酒のアテにも最高な一品でした。

8時間かけてとった贅沢鶏スープ。

鶏の旨味が凝縮されていて、濃厚でとってもおいしいスープでした!

お代わりが欲しいくらい(笑)

野菜の和サラダ。

荷札酒。

日本酒は珍しいものを厳選している感じで、初めて飲むお酒ばかりでおもしろかったです。

北海道十勝の牧場から空輸で届いたカチョカバロ。

とろ〜っとしていながらも歯応えも適度に残っていて、濃厚でおいしい一品でした。

こちらも酒のアテに最高!

前半戦が終わって、ここからいよいよ焼き鳥です。

大根おろし。

適度に甘みもあって、おいしい大根おろしでした。

ねぎま。

柔らかくて肉汁もジュワ〜っと、おいしいですね。

ささみ。

脂が少なく焼くとかたくなりがちな部位ですが、レアな焼き加減でとても柔らかくておいしかったです。

手羽先。

こってりした鶏の脂が堪能できる一品でした。

つくねとせせり。

つくねは肉の食感も楽しめて、せせりはこってり柔らかでおいしかったです。

ここでレモンサワーにスイッチ。

すっきりキレのある炭酸が、鶏の脂を流してくれる感じでとってもよく合いました。

続いてはピンチョススタイルで。

砂肝、ハラミ、ハツ、ぼんじり。

本日の希少部位は、ふりそでとソリレスでした。

季節の野菜4種。

少しずついろいろ出してくれるのは嬉しいですね。

締めの一品は、同行者と半分こしてもらいました。

こちらは親子丼。

たまごもトロトロで、出汁もおいしくてあっという間に食べてしまいました。

締めのもう一品はラーメン。

鶏の旨みがたっぷり出た味わい深いスープで、最後を幸せに締めくくれる素敵な一杯でした。

恵比寿の焼き鳥 「中目黒いぐち」 まとめ

いわゆる普通の焼き鳥屋さんのイメージとは違い、上質で大人な雰囲気です。

恵比寿で上質で落ち着いた雰囲気の中、焼き鳥を食べたい時にはおすすめです。

恵比寿の焼き鳥 「中目黒いぐち」 お店情報

店名 中目黒いぐち 恵比寿店
住所 東京都渋谷区恵比寿南2-1-5 ES215ビル 5F
電話番号 03-6303-0992
定休日 年末年始
営業時間 18:00〜23:00
禁煙・喫煙 禁煙
食べログ https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13167232/
公式ページ http://www.nakameguro-iguchi.com

恵比寿の焼き鳥 「中目黒いぐち」 アクセス

恵比寿駅から徒歩5分

ABOUT ME
しんいち
東京と群馬でデュアルライフを送る「旅する美食家」。 好きなジャンルは和食、居酒屋、焼き鳥、ラウンジ、バー。 好きなお酒はビール、日本酒、ウィスキー。 鉄道と飛行機の旅が好き。