鉄道の旅情報

寝台特急トワイライトエクスプレス A寝台個室「ロイヤル」乗車記2

寝台特急トワイライトエクスプレス 食堂車「ダイナープレヤデス」

2011年2月に、大阪から札幌に向かう「寝台特急トワイライトエクスプレス」の「ロイヤル」個室に乗った時のレポートVol.2です。

当時は「食堂車」がまだいくつかの寝台特急に残っており、旅をしながら温かい食事を楽しむことが出来ました。

ディナータイム後に予約なしで利用できる「パブタイム」に行って来た様子のご紹介です。

乗車記Vol.1はコチラ
https://gourmetlog.com/twilight-royal1

夜の食堂車の雰囲気は昼間とまた違い、ステンドグラスの明かりもあたたかくて良かったです。

パブタイムはお酒やソフトドリンク、軽食がメインでした。

北海道でしか飲めないサッポロクラシックの「生ビール」が本州にいるうちから飲めるのも、嬉しいポイントでした。

生ビールが大好きなので、北海道行き寝台特急に乗って食堂車に行くことも密かな楽しみでした。

夕食に個室でお弁当も食べたので、軽くつまめそうな「クロックムッシュ」をオーダーしました。

サッポロクラシックの生ビールと、クロックムッシュ。

クロックムッシュは、ハムとチーズを挟んで焼いたホットサンドのような感じです。

大好きな生ビールと幸せな組み合わせでした。

列車は漆黒の闇の中を疾走して行きます。

遠くに民家の明かりが見えては遠ざかり・・・

旅情が感じられるのも、寝台特急ならではの旅の魅力ですね。

2杯目は赤ワイン。

ゴトゴト揺られながら気持ちよく酔いもまわり、静かで豊かな時間が楽しめました。

食堂車でのパブタイムを満喫して、A個室寝台ロイヤルに戻って来ました。

夜もふけてきたので、そろそろ寝る支度です。

壁のボタンを押すと・・・

背もたれが倒れて来て・・・

ベッドに早変わり!

とっても簡単なので、寝台特急に乗るのが初めての方でもベッドメイキング出来ます。

枕元にある照明などのスイッチ類。

お部屋の明かりを消して外の景色を少し楽しんだ後、寝ることにしました。

おやすみなさいzzz

一夜明けて、朝になりました。

青函トンネルを抜けて、北の大地に上陸です!

サロンカーに行ってみると、皆さん早朝から北海道の雪景色を楽しんでいました。

洞爺に到着。

列車から朝日を眺めるのも、とても珍しい「非日常体験」だと思います。

寝台特急の旅には、非日常の感動体験がたくさんあふれていました。

昭和新山が見えました。

噴火により特徴的な形をしているので、分かりやすいと思います。

個室に戻ると、モーニングコーヒーがサービスされました。

A個室寝台には、モーニングコーヒーのサービスがありました。

個室で車窓を眺めながらコーヒーのいい香りで朝がスタートするのも、とても豊かな気分になれました。

お土産グッズの車内販売がまわって来ました。

「青函トンネル通行証」のオレンジカードです。

こういう限定品は、ついつい買ってしまいますね(笑)

登別まで来ました。

温泉で有名なところですね。

寝台特急トワイライトエクスプレス 食堂車「ダイナープレヤデス」での朝食

朝食の時間になったので、食堂車の「ダイナー プレヤデス」にやって来ました。

朝食は時間指定の予約制で、前日のうちに予約しておきました。

ステンドグラス前の席に通されました。

朝日を浴びながら食堂車で朝食を食べる体験も、とてもワクワクしますね。

朝食は洋食と和食の2種類。

洋食にしました。

サラダとヨーグルト。

スクランブルエッグとハム。

卵料理の黄色は、見た目にも幸せを運んでくれますね。

パンはソフトなテーブルロールと、ハードなフランスパンの2種でした。

オレンジジュース。

食堂車の車窓から、樽前山(たるまえさん)の雄大な景色が見えました。

車窓さんが放送でガイドしてくれます。

北の大地の絶景を眺めながら食べる朝食は最高でした!

食後は紅茶をいただきました。

食堂車での朝食は、朝からワクワク感も高まっていいですね。

終着駅の札幌に到着。

先頭は、北海道上陸後にディーゼル機関車に交換されています。

長い年月を経て、ヘッドマークもだいぶ年季が入ってました。

いつかはこの最後尾にある豪華個室寝台の「1号車スイートに乗りたい!」と思ってた方は多いのではないでしょうか。

寝台特急トワイライトエクスプレス 食堂車「ダイナープレヤデス」 まとめ

「食堂車で流れる車窓を眺めながら食事を楽しむ」のは、鉄道旅の大きな楽しみのひとつでした。

当時はトワイライトエクスプレス、カシオペア、北斗星の3列車にのみ食堂車が残っており、列車に乗りながら温かい食事を楽しむことが出来ました。

中でもトワイライトエクスプレスの食堂車は、雰囲気も上質で人気が高かったです。

乗車記Vol.1はコチラ
https://gourmetlog.com/twilight-royal1

ABOUT ME
しんいち
東京と群馬でデュアルライフを送る「旅する美食家」。 好きなジャンルは和食、居酒屋、焼き鳥、ラウンジ、バー。 好きなお酒はビール、日本酒、ウィスキー。 鉄道と飛行機の旅が好き。