ホテル情報

日本最古の日光金谷ホテル 本館デラックスツイン15号室 宿泊記1

日光金谷ホテルの外観

現存する日本最古のクラシックホテル「日光金谷ホテル」に泊まって来ました。

2020年7月の宿泊記です。

こちらは「別館」です。

昭和10年(1935年)完成なので、別館も十分クラシックですね。

ヘレンケラーや昭和天皇など、数多くの著名人が泊まったそうです。

本館のエントランス。

回転ドアも、クラシックな感じでとても良かったです。

日光金谷ホテル 館内の様子

回転ドアを館内から見たところ。

1階のフロントです。

クラシックでとても落ち着いた雰囲気でした。

和洋折衷の、日光金谷ホテルならではのデザインだと思います。

フロントの壁面にある「笹竜胆」(ささりんどう)

金谷家の家紋だそうです。

ランプもクラシックで、あたたかな明かりを灯していました。

「想像の象」

日本人がまだ象を見たことがなかった時代の、話を聞いて想像して作った象だそうです。

鹿の剥製。

その昔、日光ではハンティングが盛んだったそうです。

1階には売店もありました。

フロントの右奥を進んで行くと、ロビーがありました。

とても静かで落ち着いた雰囲気でした。

お庭の緑が見えるのも良かったです。

お手紙を書くための、ライティングデスクも用意されていました。

1階を歩いてると、「眠り猫」もありました。

チェックイン手続きを終えて、いよいよお部屋に上がります。

2階のダイニングルーム前です。

3階まで上がって来ました。

日光金谷ホテル 本館デラックスツイン お部屋の様子

日光金谷ホテルで今回泊まるお部屋は、ツインデラックスの15号室。

コーナールームでした。

お部屋のキーもクラシックな感じ。

お部屋は明るく広かったです。

コーナールームなので、窓が2面あります。

中庭側の景色と、ホテルエントランス側の2つの景色が楽しめました。

枕元の明かりのデザインも素敵でした。

ホテル正面側の眺め。

お部屋からも中庭の木々の緑が見えてキレイでした。

照明のデザインも、何だかオシャレな感じ。

中庭と別館が見えました。

晴れていれば、左前方に男体山も見えるようです。

お部屋にあった日光金谷ホテルの小冊子。

ホテル創業時からの歴史が綴られていて、クラシックホテル好きにはたまらない内容でした。

お菓子と飲み物のコーナー。

電気ポットもありました。

ホテルオリジナルのお水も、1人1本サービスでついてました。

バニラとココアの焼き菓子、煎茶とほうじ茶もありました。

洗面所はシンプルで清潔感のある感じでした。

お部屋と比べると、リニューアルして新しい印象。

日光金谷ホテル お部屋編のまとめ

今回泊まったのは「本館デラックスツイン」タイプのお部屋で、コーナールームの15号室室でした。

お部屋は思ったよりも明るくシンプルな印象でした。

クラシックホテルは、お部屋の内装や調度品によってかなり印象が変わってきます。

いろんなお部屋を泊まり比べるのも楽しいかもしれませんね。

日光金谷ホテルの情報

住所栃木県日光市上鉢石町1
交通

東武日光駅からシャトルバスあり
車の最寄りは日光インター

電話番号0288-54-0001
公式サイトhttps://www.kanayahotel.co.jp/nkh/

日光金谷ホテル アクセス

ABOUT ME
しんいち
東京と群馬でデュアルライフを送る「旅する美食家」。 好きなジャンルは和食、居酒屋、焼き鳥、ラウンジ、バー。 好きなお酒はビール、日本酒、ウィスキー。 鉄道と飛行機の旅が好き。