鉄道の旅情報

寝台特急カシオペア 食堂車「ダイニングカー」乗車記2

寝台特急カシオペア 食堂車「ダイニングカー」について

2013年に寝台特急カシオペアに乗った時の乗車記2です。

カシオペアツイン乗車記1
https://gourmetlog.com/cassiopeia-1

カシオペアの食堂車「ダイニングカー」に行ってみました。

夜は、予約制のフレンチコースの「ディナータイム」と、終了後に予約なしで利用できる「パブタイム」があります。

ダイニングカーも2階建構造で、1階が厨房スペース、2階がレストランスペースでした。

ダイニングカーも近代的でモダンな印象。

ディナータイム終了後のパブタイムに利用しました。

まずは生ビール。

北海道限定の「サッポロクラシック」が本州にいるうちから飲めるのも、嬉しいポイントでした。

半熟玉子付きのサラダ。

玉子をくずして食べるとおいしかったです。

ビーフシチュー。

よく煮込まれたデミグラスソースもおいしかったです。

ポテト。

「インカのめざめ」という種類で、ホクホクでおいしかったです。

食後に紅茶をいただいて、ごちそうさま。

流れる夜景を眺めながら、列車の揺れの中で楽しむ食事もいいですね。

個室に戻って来ました。

青森駅に到着。

寝酒に一杯(笑)

前もってモルトウィスキーを買って乗り込みました。

深夜の青森駅です。

おやすみなさいzzz

翌朝になりました。

北海道に上陸です。

函館駅に到着。

青函トンネル専用の機関車ED-79です。

寝台特急カシオペア 食堂車「ダイニングカー」 まとめ

寝台特急カシオペアは上野と札幌を結ぶ列車で、車体も新設計の新しい寝台特急でした。

食堂車で食事を楽しむ非日常体験は、旅情も手伝ってとてもワクワクするものでした。

カシオペアツイン乗車記1
https://gourmetlog.com/cassiopeia-1

ABOUT ME
しんいち
東京と群馬でデュアルライフを送る「旅する美食家」。 好きなジャンルは和食、居酒屋、焼き鳥、ラウンジ、バー。 好きなお酒はビール、日本酒、ウィスキー。 鉄道と飛行機の旅が好き。