ホテル情報

沖縄「ザ・ブセナテラス」宿泊記3 夜景〜クラブラウンジ朝食

夜のお部屋の様子

沖縄の名護市にあるリゾートホテル「ザ・ブセナテラス」に泊まってきた時の宿泊記です。

泊まったのはクラブフロアのデラックスエレガントのお部屋。

2018年1月に泊まって来ました。

宿泊記1 クラブラウンジ徹底レポート
https://gourmetlog.com/busena-terrace-club

宿泊記2 古酒バー「抱瓶」
https://gourmetlog.com/busena-terrace2

夜にターンダウンのサービスがあり、ベッドやお部屋も整えられていました。

ターンダウンサービスの際に、チョコレートが置かれていました。

クラブフロア デラックスエレガントのお部屋の詳細は
https://www.terrace.co.jp/busena/guestrooms/clubfloor_dx_elegant.php

夜のホテル内の様子

夜のザ・ブセナテラスを散策してみることにしました。

冬はイルミネーションが点灯していてキレイでした。

プールサイドから建物を見るとこんな感じ。

水辺に映る明かりがとてもキレイでした。

ライブラリーもありました。

夜のティーラウンジ「マロード」です。

閉店後の深夜でも明かりがついていました。

マロードの詳細は
https://www.terrace.co.jp/busena/restaurants_bars/maroad.php

ロビーに来ました。

深夜なので人も少なく静かです。

ロビーのテラスから見たプールエリア。

ロビーのテラスから見たホテル建物。

クラブラウンジの朝食の様子

ひと晩明けて、翌朝のクラブラウンジです。

クラブフロア宿泊の場合の朝食は、クラブラウンジかレストランのどちらか選べました。

クラブラウンジでのサービスの詳細は
https://www.terrace.co.jp/busena/guestrooms/clubservices.php

カフェテラス「ラ・ティーダ」の朝食の様子

この日の朝食はクラブランジではなく、カフェテラス「ラ・ティーダ」でいただきました。

名産の紅芋を使ったクリームブリュレが珍しかったです。

焼き立てのオムレツを作ってくれるエッグステーションもありました。

ポークランチョンミートのオムレツが、沖縄らしくていいですね。

海が目の前で、朝から開放的な気分で食事を楽しむことができます。

朝からリゾート気分を満喫できる朝食でおすすめです。

ごちそうさまでした。

お部屋のキーホルダーが魚の形でおもしろかったです。

ザ・ブセナテラス情報

住所沖縄県名護市喜瀬1808
交通那覇空港から車で約75分(高速道路)
電話番号0980-51-1333
公式サイトhttps://www.terrace.co.jp/busena/

アクセス

ABOUT ME
しんいち
東京と群馬でデュアルライフを送る「旅する美食家」。 好きなジャンルは和食、居酒屋、焼き鳥、ラウンジ、バー。 好きなお酒はビール、日本酒、ウィスキー。 鉄道と飛行機の旅が好き。